小児はり
  • みなみ鍼灸治療院の小児はり

    「小児はり」といっても、赤ちゃんのからだにハリは刺しません。
    お子さんのからだにサラサラ、トントン、コロコロと優しい刺激を与えていきます。
    気持ちよい刺激なので、はじめはグズっていてもうっとりとした表情をする赤ちゃんも多いですよ。

小児はりの特徴

  • 小児ハリが効く理由

    赤ちゃんは大脳が未発達な分、感覚がとてもすぐれています。
    環境の変化にとても敏感です。
    気候の変化、食事の変化、生活リズムの変化、お父さん、お母さんの気持ちの変化に非常に影響を受けています。
    大人にとってはささいなことが原因で、自律神経のバランスがくずれることがあります。
    小児ハリの治療は、東洋医学の気のめぐりを整えることで、自律神経のバランスを正常に戻していきます。
    ですから、治療中にうっとりと気持ち良さそうな表情を見せてくれるのですね。
    また、治療中に赤ちゃんの肌が、ほんのりと赤くなります。
    どんどん血のめぐりが良くなっている状態です。

  • 小児はりの効用

    夜泣き・かんむし・おねしょ・アトピー性皮膚炎など

  • 小児はりの不適応症

    発熱・急性の症状・骨折・脱水症(くわしくはご相談下さい)
    お電話:072-243-0072

  • ●赤ちゃんスヤスヤねんねのポイント

    ●赤ちゃんスヤスヤねんねのポイント

    ●寝る前には...部屋を少し暗くする。
    ●テレビや音楽はつけない。
    ●興奮するような遊びはしない。
    ●たっぷり、おっぱい(ミルク)お茶などをあげる。(おっぱいは、何回もあげて可)
    ●寝るまでのパターンを作る。
    ●寝る時間は、だいたい同じ時間に。
    ●添い寝しながら、おっぱい(ミルク)をあげる。
    ●添い寝しながら、子守唄&背中トントンも効果的。


    寝る間際に、体温が上がって急に泣き出すことがあります。
    この時は、濡らしたタオルで、首・耳の後ろ・おでこ(髪の生え際)などを拭いてあげる。
    (これは、チャイルドシートに乗ってる時にも使えます。)