Menu

坐骨神経痛

Home
坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)|みなみ鍼灸整骨院 堺 高石 泉大津

坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニア)の原因

坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)の原因

坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)とは、背骨や骨盤のゆがみが神経を圧迫したり、腰部や臀部の筋緊張により腰だけでなく、お尻や脚全体が痛くなったり、しびれが出たりする症状です。
原因は一つだけではなく、色々な因子が影響して発症します。

当院では、運動不足・重労働・生活習慣などにより
体幹を支える筋肉(インナーマッスル)が弱くなる→骨盤や背骨が歪む→身体を動かす筋肉(アウターマッスル)に負担がかかり、血流が悪くなる→その状態が長く続く→発症
と考えています。

また症状によっては椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病気が隠されている場合があります。
当院では提携先の医院で画像診断を受けて頂きます。
安心して施術を受けていただける環境を整えております。

こんな人は要注意!!

●腰だけではなく脚が痛くなる!しびれてくる!
●腰から脚にビリッとした電気が走るような痛みが出る!
●長時間立つのが、つらい!
●座る時は必ず脚を組む!
●足先の感覚が鈍い!

以上の項目が当てはまる人は要注意!
早めに、ご相談下さい!

坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)の症状

こわくない頭痛

「坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)」と文字だけ見ると、「おしり周辺の神経痛」と感じられますが、実際は骨盤から足先まで坐骨神経は走っています。
この神経を痛めると、腰や足の不調につながります。

坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)かも?

●おしり・太もも(特に裏側)・ふくらはぎが痛む
●腰から足先にかけて、片側だけピリッと痛む
●片側だけの足がしびれて立ち上がれない
●冷えを特に片側の足だけに強く感じる
●歩いている時に、足が重だるくしびれてくる
●長時間座っていると、足やおしりが強く痛む
●坂道を上る時に、足の裏側がひきつれる感じがする

痛みが強い場合は、早めに施術を受けてください。がまん強い方は、忙しさに紛れて放置しがちです。軽度の場合は、体全体のメンテナンスを兼ねてチェック・施術を受けましょう。その際に、上記のような症状があれば伝えてください。
「足や臀部の違和感」を覚えたら、坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)を疑ってみましょう。

坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)の施術

頭痛の原因

●背骨・骨盤矯正
痛みの根本である、背骨や骨盤のゆがみを整えます。
ボキボキせず高齢者まで受けていただける矯正方法です。
最小限の刺激で最大の結果を出します。
数回の施術で症状が驚くほど軽減することも、めずらしくありません。
この施術で、しっかり良い姿勢を身につけましょう!

●トリガーポイント 鍼 マッサージ
トリガーポイントとは、痛みの出ている場所の筋肉を治療するのではなく、痛みの原因となっている筋肉を治療していきます。
早期に痛みを取り除くのに非常に効果が高いです。
また、頭痛では、骨盤・背骨のゆがみが強いために深部の筋肉が痛みを出しています。
トリガーポイントの鍼で、筋肉深部まで緊張を緩めることができます。

●身体(骨格)を支える筋肉(インナーマッスル)の強化
身体(骨格)を支える筋肉が弱くなっていると、背骨・骨盤のゆがみを治すだけでは、またゆがみが再発してしまいます。
当院では体を支える筋肉の強化は非常に大切だと考えています。
しかしながら、身体(骨格)を支える筋肉は、身体の深部にあり普通の筋肉トレーニングでは強化が出来ません。
また人それぞれ弱くなっている筋肉は違います。
姿勢分析などの検査により患者様ひとりひとりに適したトレーニング方法を私たち、国家資格を持ったプロが指導をいたします。