腰痛
  • 鍼治療の適応症状(当院での治療実績のある症状のみ)

    腰痛の原因は「姿勢のゆがみ」です
    姿勢のゆがみとは、猫背や足を組む習慣、お仕事などで偏った動作を続けることで起こります。

    もし、あなたの両肩の高さが違う!
    両脚の長さが違う!
    良く足を組む!
    まっすぐ座れない!
    同じ姿勢がつらくなる!


    当てはまる項目があれば要注意!
    背骨と骨盤がゆがんでいます!
    ぜひ、早めにご相談ください!

  • みなみの鍼治療

    腰痛は、筋肉疲労・骨のズレなどが複合して起こります。
    内臓疾患による腰痛もあるため、単純に判断することはできません。

    ●腰が痛くてまっすぐ立てない、歩けない
    ●腰が重だるい
    ●姿勢によってズキッと刺すように腰が痛む
    ●背中や肩が張っている
    ●内臓が圧迫されることによる不調(胃痛・腹痛・便秘など)
    ●重い生理痛・冷え性
    ●ぎっくり腰(急性の腰痛)


    多くの人にとって「楽な姿勢は悪い姿勢」です。
    イスに座っている時、骨盤が立って腰がまっすぐ起きた状態になっていますか?
    腰を支える筋肉が弱ると、ぐちゃっと下腹がつぶれた状態で座り続けることとなり、内蔵を圧迫します。
    ぎっくり腰は、運動不足による筋力の低下や、メタボにより腰が体重を支えられなくなることからも起きます。
    女性は特に生理痛・冷え性と連動することが多く、血の流れを変えることが必要です。 産後の腰痛に悩む方は、ぜひご相談ください。